原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'18.01.08.




1月の街は何だか美しくて泣けてくる。
誰かが誰かを蹴落としたり、貶めたり、欺いたり、本当はそんな悪意のようなものが街の中の至る所にむき出しになっているものだけど、全部覆い隠してしまうような夕景。


今年の抱負は、一人一人に寄り添えるような珈琲を丹念に焼き続けること。
その上で実験すること。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.01.06.

本年も、この小さな喫茶室、焙煎所を
どうぞ宜しくお願い致します。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




年明けには友人家族と高尾山中腹まで。
霊峰に浮かび上がる夕景。
下山後、暖炉の側で深煎りの珈琲。
時間を慈しむ感じが胸の中に宿る。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.30.


一年最後の喫茶終了。
沢山のお客様に一年のご挨拶が出来てほっとする。
喫茶後、全面清掃、メンテナンス。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




最後の最後に、入手困難な 『sens et sens 』さん のシュトレン2017で一息。
美味しさが身体に沁み渡り、全ての疲れが抜けゆく。
ドライフルーツ、ナッツ、発酵生地の完璧な一体化。
攻め抜いてる感じがするなぁ、天才職人が。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.25.




メリークリスマス。

小さく団欒。

団欒の後には、洗濯物を畳んだり、ゴミをまとめたり、冬休みの宿題を手伝ったり、子供が寝てから夫婦で事務仕事して、翌日の豆の出荷の準備して、釜の掃除をして、そんな平凡で普通でしがなくて、でも柔らかくて優しいクリスマスのただの一日。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.23.


学生時代の友人らと飲み。
若い頃は羽目を外しまくっていた仲間だが、今では体や病気の話なんかが話題の多くを占めてき始めた。まあ、よくある話ではあるが。

その他はトランペット、コムデギャルソン、ベイルート、自由恋愛、VAPE、原始共産制の話など。





渋谷の気持ち良い音楽を流していた狭いモッズバーが閉店していた。
高架線下で一服。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.18.




私達の美しい夕闇は何の言葉を残すこともなく去っていきました。
時が経つのはあっという間。
今も昔も。


「ナイーブさをキープせよ」というキーワードを若い頃から自分に掲げてきましたが、ある種のナイーブさは年齢を重ねると共にその均衡さを失い、武器よりも重石になってしまうのかもしれない。今年はそんな事を感じさせる出来事が身の周りに多い、そんな一年だったようです。

束の間の年の瀬に。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.16.

一宮町「赤七屋」さんと言えばかき氷。今や全国区。その粉雪のようなふわふわ感、自家製濃厚シロップの組み合わせは最高なのですが、焼き芋も絶品です。とろとろ。






夜9時の束の間の安らぎ。

私と言えば。
公園で子と戯れてスマホの液晶を割ってしまったり、幹線道路の渋滞にイライラしながら八つ当たりしてみたり、そんな平凡な人間で、でもその平凡さから生まれるものもあるのだと信じて、毎朝、焙煎機と向かい合っていたりしています。

日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.11.


夕暮れ、川沿いを自転車で。




明治維新以来の西洋文明の流入によって、最も日本人を変えてしまったのは表面的な諸々というよりその死生観なのではないかと常々思ってきたのだが、昨今の恋愛事情などを見聞きしているとやはりそう確信してしまう。死生観の変容は日常の様々に影響を及ぼすのだろうが、勿論その一つが恋愛でもあるからだ。西洋的な愛と東洋的な愛(日本人にとっての愛)は根本的に違うはずだったのに、それが混同され今や取って代わられた。良い悪いは別にして。
長くなるので省いてしまうが、端的に言えば「LOVE」と「AFFECTION」の違いか。
西洋人の恋が「今、君とダンスを踊りたい」という今のリアルな感情を前提とするなら、日本人の前提だったのは「この世のラストダンスを踊りたいのは君となのです」という永い時間を無意識に潜めた情愛のようなもの。
誰かの歌詞のよう。
きっと、私達の遺伝子は。
『ラストシーンを君と飾りたい』んだ。


なんて、ある意味どうでもいいことを考えながら、やや面倒な用事もありペダルを漕ぎ続ける。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.09.




都心にて突然のスコール、銀杏の葉の乱舞。
見すぼらしく見えていた世界に光。


大切な人と話をすべき夜だ。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.12.04.

縮こまる冬より汗が滴る夏の方が好きだ。
焙煎機やその煙突の日々のメンテナンスは欠かせないのだが、この時期の外作業はこたえる。
思わず曇り空を見上げて、弱音を一つ。




伝統の職人技で作られた、出雲の素晴らしい生姜菓子を頂戴していたので、夜毎、ついつい一掴み二掴み。
木村聡、「色街百景」をめくりつつ。
本当にありがとう。


日々のこと - trackbacks(0)
<< | 3/154 | >>