原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

KUSA.'s coffee beans→『Artisan Chocolate 33』




「Ichihara ART×MIX 2017』内の『Artisan Chocolate 33』さんのブースです。
サロンの雰囲気作り、サーブされる品々、非常に高品質です。
テリーヌショコラ、アイスチョコレート、絶品ですので、オーダー必至かと思われます。

KUSA.の珈琲はもちろん、リキッドアイスもお求め頂けますので、半日、ゆっくり楽しんでみて下さい。
会場は複数に分かれており、お子さん連れのお客様がいっぱい来場しておりました。



興味深い展示も多かったです。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

車は無防備にエンストするし、昼食のサンドイッチは手から滑って道に落ち、おろしたてのデニムは水たまりにはまる。
そんな何もかもがうまくいかなさそうな一日が、いつしか反転する。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→「コマグラカフェ」「kibi cafe」

渋谷ヒカリエB2ブースにて、「コマグラカフェ」さんが出店中です。(〜5/7)




「kibi」プロデュースの素晴らしい焼き菓子の数々、「コマグラカフェ」ティーバッグ式珈琲などなどと共に、KUSA.喫茶の特別な豆も販売中です。
KUSA.の豆は今回は僅かなので、ご興味ある方は是非、ふらっと覗きに行ってみて下さい。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→「artisan33 」

市原市の「ICHIHARA art mix」始まりましたね。
私も打ち合わせを兼ねて下見に伺ったのですが、素晴らしい芸術家達が思い思いに廃校となった各教室をクリエートしていました。
本命『artisan chocolate 33 』さんは、ご夫婦の手作業で、教室をダイナミックにリビルドされていて、胸にぐっと来るものがありました。





密林的でアンニュイなチョコレートラウンジになっていますので、是非是非、春の休日、遊びに行ってみて下さい。
artisan33 さんの削り出しのようなカカオの味わいはパワフルで凝縮された亜熱帯の味がしますので、堪能して欲しい。

お一人でふらっと、恋人とじっくり、子供を連れてワイワイと。
どの楽しみ方でも鑑賞券を買って回る価値があるかと思いますよ!

KUSA.の2017年ものリキッドアイスも先行発売ですので、お愉しみに。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近、つくづく思うのは、大好きな人、そうでもない人、悪友、どんな人でも、周りにいてくれる人は皆戦友。
この愛おしくもあるけれど、無防備で、はかなく、やるせない、21世紀のほんの束の間の時間を生き抜く為にいてもらわなくてはならない戦友たちなんだなと。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
店舗様たち.

春。
美しいイベントや催しが盛り沢山のようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
珈琲豆を担当させて頂いている、富津市の『CAFE GROVE』さん。
明後日3/31(金)、16時からJ-WAVEにて、取り上げられます。
森に囲まれ、内房の静かな海にも程近いアンビバレントな空間。
店主様の柔らかな感性にて抽出された珈琲。
手塩にかけられたプレート。
そんな一つ一つに沢山のフアンの付いているカフェです。
FMを愛聴されている方は是非、お聴き逃しなく!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
市原の田園の中に佇む「mai cafe」さん。「愛に満ちた店」と私は勝手に呼んでいるのですが。

チョコレートブランド『artisan33 chocolate』として、市原の実験的イベント「ICHIHARA ART×MIX 2017」に御出店。
旧教室も彼らの感性と手仕事によってプランテーションアートの如く、姿を変えています。
KUSA.喫茶、本年もののリキッドアイス珈琲NO.1、NO.2もartisan33 スペースにて先行発売させて頂きます。
旬なアーティスト達の作品を鑑賞しに、一日デートに、お子さんとワイワイと、春のアートを堪能してきて下さいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして、『tocoro cafe』さん。



代々木上原にて、4/1(土)、「foodremedies × tocoro cafe」として一日限定カフェの開催です。
スパイシーな焼き菓子を綴られる『foodremedies』さんとハイエンドなカフェの先駆者『tocoro cafe』さんが邂逅する大変貴重な機会になるかと思います。
是非、足を運んで、五感を充実させて来て下さい!


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.s coffee beans→『mai cafe』


我らが『mai cafe』さん。
4/8より開催の「いちはらアート×ミックス」ご出店との事で、深夜の打ち合わせになりました。

ビーントゥバーとして活動中の『artisan chocolate33』として参戦されるようです。
古い教室を『artisan chocolate33』のご夫婦で独創的な空間に作り上げており、この空間で味わうチョコレートはきっと脳をインスパイアしてくれるのではないでしょうか。
KUSA.喫茶から特別な珈琲、アイスリキッドの先行発売もご用意予定ですので、是非足を運んでみて下さい。






ここのお料理やお菓子は、命を削って産み出されたものばかりなので、一口一口、愛に包まれてみて下さいね。




お土産いちご。
大切なお店の食材なのに、感謝です。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『1 room coffee』







夜のライトに吸い込まれるように、駅帰りの人たちが一人二人と。
言葉を交わしたり交わさなかったり、
笑っていたり、考え事をしていたり。
店を営む以上、地に根ざす事は大事な事。
継続する事も大事な事。
発信する事も、腕を磨き続ける事も全部大事で、ここにはそれらが全部備わってる。




喉奥に余韻を残すエスプレッソ。
クリーンなフレンチプレス珈琲。
あんバタートースト。
「ここに居ていいんだよ」と語りかけられているような居心地。


このコーヒーショップは、ある種の財産なんだと確信しています。


中板橋の『1 room coffee』さん。
池袋より約10分。
KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『museum as it is』

個人的に、この世で最もアンビエントな場所。



世界の中のカリスマの地。美術館『as it is』 at 長南町。

プライベートを含め、かれこれ20年来お付き合いさせて頂いているのですが、何度足を運んでも新たな気づき、発見のある場所です。
お店にせよ何にせよ、数十年に渡って、刺激を与え続けてくれる場所ってそうはないと思います。
サンゲイジングのように、自分と、自分を取り囲む宇宙軸との間の距離を測りたいと思う時、このミュージアムの空間は何らかのインスピレーションを与えてくれるはず。

最後に珈琲をごゆっくりと。
美術館の空気と掛け替えのない展示品を邪魔せぬように、あえて主張過ぎないほっこりとした珈琲に仕上げてあります。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『種の音』

鹿児島です。

この九州最南端の、市街地から離れたとある場所で、ひっそりと、でも美しい一隻の船が今週2/4(土)、船出します。
『種の音 パンとスープの店』さんと言います。

自家栽培の玄米を使った前菜に主食となり得るようなスープ、焼き立ての天然酵母パンが数種、採れたて野菜のサラダ。
食べたくなりますよね?

ここへデザート、ハーブティーかKUSA.の魂込めた珈琲で〆られます。 オーナー様が時間をかけて研究されてきた抽出による珈琲です。

九州は異国の地。
九州は遠い。(実は縁も所縁もあるのですが。)

でも、私は、誠実な彼女の作るプレートを、誠実な彼女の手掛ける静かな店内で、時間をかけて食べてみたいと思う。
それはかけがえのない思索の時間になると思う。

KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『tocoro cafe』at cimai.

極深煎りでありながら焦げ感なく、余韻は長引き、甘いミルクとの相性もそつなく。
「tocoro espresso blend NO.1 by KUSA.」という名の、エスプレッソや点滴ドリップでとろっと味わう珈琲豆。

今回も『tocoro cafe』さんでの販売のみですので、イベント当日、または24日までにtocoroさんへの事前ご予約にて是非お買い求めてみて下さいませ。








イベントは、1/29(土)、1/30(日)、埼玉県幸手市のカリスマ店「cimai」さんにて行われます。
天然酵母サブレで作られるcimaiさんのレーズンサンドは予約必須かと思いますよ!




羨ましい。。。

KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→mai cafe→Artisan Chocolate33

昨日、今日と冬を忘れてしまう位の暖かさでしたが、この時期は体調管理も難しいですね。
そして、このまま、珈琲店は、年末まで焙煎に次ぐ焙煎で、例年通りですが、疾走していきます。

冬には一杯の珈琲とチョコレート、最後にワインもあればなお良し。
そのチョコレート、ビーントゥバーとして始動している『Artisan Chocolate33』さん、高レベルなお菓子にも昇華させています。




こちらはチョコレートマカロン。
端正な佇まい、そして、繊細。
口に入れるとカカオ豆のパワフルさ。
肌寒い夜の、ほんのひと時の、でも最高な贅沢です。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
<< | 2/15 | >>