原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.05.08.

今日も終日、焙煎、加工、途中喫茶を挟み、諸々の業務もようやく終わりました。
mai cafeチームはこの時期、まだまだ仕込みに追われているみたいです。
お疲れ様です。






その『artisan33 chocolate』さんが手掛けた極上のコロンビアチョコレートです。
躍動感のあるカカオ香にラムのようなフレーバーが被さる逸品。
ご興味ある方は、5月14日まで、ICHIHARA ART MIX 2017 会場まで是非足を運んでみて下さい!


日々のこと - trackbacks(0)
'17.05.07.




地点。
今いる地点。
時々、未知数。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「コロンビア ディエゴロペス氏の農園」
「ルワンダ プリメラ地区」
完売致しました。

グアテマラ、コスタリカ、中米を代表する両産地の中でもトップクラスの豆を販売予定です。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.05.01.

春らしい春の日が少なく、一気に夏が訪れそうな気配のするゴールデンウイークですね。




この時期から恒例の「珈琲屋の珈琲ゼリー」です。
トラディショナルに極深煎りの豆を3種ブレンディングして、大ドリッパーで点滴で落としていきます。
ほろ苦い割に口当たり良く余韻が長いゼリーで、濃厚な生クリームとよく合うように調整してます。
夏が来そうという感じを味わえる1カップかと思います。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KUSA.喫茶の喫茶時間は、ゴールデンウィーク中も通常通りです。
木曜、金曜は定休日、水曜はファクトリーデー(珈琲豆とデザートの販売のみで喫茶はございません)。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.30.




小さな春の三日月。
時間に追われてばかりじゃ心も凍る。
潮の匂いの染み付いた信号機の真上。
小さな旅客機。




でも、こんなわびさびなんてくそくらえだとも思う。
廃れがちの夜中に観たいのは「西鶴一代女」、お春が仏像を通るモノトーンのシーンだけだ。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.19.




夜遅く。
母が不安に思っていたこと、久方ぶりにじっくり電話で相手した。
いつも仕込みの合間で、気がせってしまって上の空気味だったりするからね。
寝る前に、「あーこれで安心して眠れます」とメール着。
そうか、これで誰かが安心して寝られるのだったら、仕事なんか少しずれ込んだっていいや。
そうに決まってる。
日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.12.



一日が早過ぎる。
業務に次ぐ業務でもう寝る時間か。
悪いこともないけど、いいこともさして無い。
生活って案外そんなもの。

日常のささやかな事から小さな幸せを見つけるなんて、ちまちました思考やめた。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.09.




午前2時。焙煎小屋を出ると、微風。
枝と枝が僅かにぶつかる。
潮の音、東方1km。
人工音皆無。
鬼のような静寂で笑ってしまいたくなる位だ。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.05.



全く以って墓場のような。
中米の荒れた都市の夕刻の影であって。
不条理が今日も通り過ぎる。


日々のこと - trackbacks(0)
'17.04.04.



お客様が植えて下さったチューリップ。








お客様のパリ土産、キャラメルクリーム。






皆んなが幸せになりますようにって皆んなが願ってる。(殆どの皆んなが)
日常のちょっとした励みが日常のちょっとした苦しみを和らげる。
すごいことだ。


日々のこと - trackbacks(0)
2017.03.28.




生豆の学会。
コロンビアの状況、中米産地の行方、有機栽培について。
産地、品種、精製など、由縁が明確で優れた品質の珈琲豆は今後の見通しも高値安定。


仕事とは関係ないところで自己嫌悪多々。
腹だけが減る。いつも。


日々のこと - trackbacks(0)
<< | 2/146 | >>