原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

6月営業日程.


KUSA.喫茶では幾つかの観点から6月の営業形態を引き続きFACTORY DAYの形で行います。
(焼き上がりの珈琲豆のフルラインナップと一杯立てのブティック珈琲のテイクアウト、焼き菓子のお持ち帰り。)
誠に心苦しいですが喫茶は出来ません。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







多くの人がそうかもしれませんがコロナ騒動について語るのは気乗りしません。疲れたと言った方がいいかもしれません。
この数ヶ月、近隣含めて多くの店舗様とオンライン含めてミーティングをしていきました。
飲食店にとっては舵取りの大変難しい情勢かと思います。

卸し店舗様を含めて、情報共有しながらより良い方向へ進む事を祈るばかりです。


私個人の思いとしては、向こう一年の運営計画を修正しましたので、粛々と珈琲店のあるべき仕事をこなしていくのみですが、世界全体を見通すと、今コロナの影響により世界恐慌並みの経済失速に見舞われるのは明白で、私たちの社会はそれに対応できる経験値を持っていない事への悲壮感が強いです。

私達にできるのは目の前の健康と生活を最大限自衛していくことで、それを第一と考えるとしても、昔、ウォール街の株価大暴落が第二次世界大戦の素地になったように、今後の経済恐慌が次なる大過への素地にならぬよう注意深く注視していく事だと強く思っています。

(阻止ではなく注視と書いたのは、我が国のカントリーパワーに既にそんな力はないという自戒を込めた皮肉でもありますが...。)
KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>