原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'20.05.03.


先月から連日、フル回転の焙煎が続き、気温の上昇にも伴い、焙煎職人にとっては最も労多い季節の一つになっております。
「KUSA.のリキッドアイス珈琲 '20 『NO.1』」。
5/23(土)リリースに向けて作業中。(作業は順調に進んでおりますが、状況によって日程がずれる可能性もあり)


5月時点で室温39度の焙煎室、覆うスモークと時折、煙突から逆流してくる初夏の陽射しの匂い。釜から10kgの珈琲豆が放出された瞬間に立ち上がる水蒸気の群れ。
一日7パッチの焙煎の間は、口呼吸を封印、鼻と目だけで豆を追い、汗がじわっとまとわりつく。
そんな感じの世界。


良くも悪くもだが、スペシャリティー珈琲をこのラインまで火を入れるのは実はすごく稀。良くも悪くもだが、濃縮。

今夏のリキッドNO.1にも、65%強このラインの豆を使用していきます。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静かなクリーンルームにて。



『iijima coffee』さん と、静かなセッション。
作り出すフードも、纏うデザインも、常にハイセンスなものをプロダクトしていて、文字通り千葉県を先導している孤高のお店。
今夏はiijima coffeeさんのオリジナルリキッドも製作開始。
ある種まろやかで、ある種のコクがあり、爽やかさを残す。
そんなイメージの味わいになるように、豆の微調整を施しています。

高レベルな商品が並ぶオンラインショップでも取り扱われるようですので、是非チェックしてみて下さい。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>