原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'19.03.21.





初春候。

この前、吉増氏の「表紙」という素晴らしい詩写真が売れたので、今、その吉増剛造氏の、日本のいや世界の前衛芸術を言葉の側面から幕開けさせたとも言える「黄金詩篇」を読んでいる。

まさに、
「愛したい、 人間を! 女を! 太陽が消え果てる程!」
である。

珈琲というスピリットの効いた飲料には、思考を、感性を変節させる何か、例えばこんな言葉らを浸透させる力がある。
浸透させなければ嘘だ。





「雑誌「nice things.」の「綴る」というコーナー。
nice things.自体が優れたライフスタイル誌だと思うが、この綴るというコーナーもユニークだ。
毎月、物の作り手自身に、物への思いを書かせている。しかも、校正以外、編集部もノータッチだ。
ありそうで無い試みだと思う。

今週、23日発売の「nice things.5月号」のそのコーナーに文章を書かせて頂いた。
勿論、珈琲への思いを綴っているのだが(珈琲というより珈琲屋で過ごす時間についてか)、これは私の詩です。
拙著「極彩色の孤独」での軽やかなセッションを経て到達し得た静かなノックダウンロックだと思っている。
機会があればめくって下さい。


吉増剛造作品は恐らく日本屈指、拙著も含めて、SHOP『前衛と極彩色』にて取り扱っています。



ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2122
<< NEW | TOP | OLD>>