原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

求人について.


『KUSA.喫茶 での運営アシスタント職』の求人について。

公式HPにてアルバイトさんの募集をUPしてから多数のお問い合わせも頂き、また面談も10人程度させて頂いておりますが、少々言葉足らずな告知になってしまっているようですので、当DIARY欄にて補足させて頂きます。



一般論として、仕事に関しては、その会社やお店をお手伝いする又は下支えする「サポート的な業務」と、能力や感性を発揮して「ダイレクトに収益に貢献していく業務」があって、どちらも大切なポジションなのですが、今季募集させて頂いているのは後者の方です。

ある程度長期的に運営パートナーとしての役割を担って頂きたいと考えております。

ですので、「特に何かに自信はないけど珈琲を学びたいから言われた事は何でもします」というタイプの方は今回はご遠慮下さい。

お給料に関しても申告制にしたいので、「私にはこういう能力や経験があるので、貴店のこんな分野でこの程度の収益に貢献できる。つきましては時給◯◯円は頂きたい」とアピールして頂いた方が分かりやすいです。

過去の職も含め、100人以上面接してきた経験からも、そのような具体性をもつ社会人の方の方が能力が見込めると判断します。
但し学生さんはその限りではありません。学生さんは社会勉強中の身ですので、素直に学びたい姿勢が伝わってくれば十分かと思います。


好奇心旺盛で個性的な人材を求めております。



逆に、珈琲好き、または将来店を経営したい人、総合的な仕事力を付けたい人にとっては、多くのメリットもあります。
先ずは、世界最高水準の生豆の各ローストを毎日味わえます。カッピングも基本自由に出来ます。
生豆について、焙煎について、抽出技術について、基本的な事からレクチャー致しますので、珈琲や飲食業についての余計な知識や経験は必要ありません。

3年後にはプロとしてのかなりの能力が身につくと考えています。

また、バイヤー的なお仕事や細かいデザイン的なお仕事、メニューの開発、商談など、個人的ならではのフレキシブルかつ専門的な業務も経験出来ます。
出会いも多く、人生のチャンスが広がるお仕事です。


以上を踏まえられた上で、ご興味を少しでも持たれたら、是非お気軽にお問い合わせ下さい。




KUSA. 喫茶


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2118
<< NEW | TOP | OLD>>