原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

KUSA.'s coffee beans+warabi.

梅雨入り直前。
鬱蒼としている季節に、透き通った珈琲わらび餅が届く。




『cafe GROVE』さん監修 袖ヶ浦市『奈良輪豊月堂』さん の製作、KUSA.の珈琲をアクセントに。
とにかく美味。
珈琲はコスタリカ使用との事で、珈琲の風味を押し出すというより寧ろ、中米産コスタリカの豊かなコクをわらびもちに纏わせた感じ。
和菓子職人さんの粋。




お取り扱いは『奈良輪豊月堂』さん のみ。




日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2095
<< NEW | TOP | OLD>>