原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.11.08.

何だかんだ午前様仕事になってしまう。
長生村、風の音一つない無音。
南米の古都の片隅にただある日常雑貨店に憧れる、なんて極東に住む中年珈琲店主が思っている不思議。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2058
<< NEW | TOP | OLD>>