原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.11.05.




束の間。
川のほとりで。
夜の。
愛すべき人たちと小さくスパーク。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2055
<< NEW | TOP | OLD>>