原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.10.28.

とても台風の多い10月だ。
秋の真昼の下で歩みたいのに。






私達は、鋭敏さによって生き延びてきた訳だが、そろそろ針が振り切れる。
ある種の鈍感さを取り戻すべきだ。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2052
<< NEW | TOP | OLD>>