原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.10.22.

絶望的に激しい台風。
こんな暴風の中、ぽつりぽつりと豆を買いに来て下さったり、一杯の珈琲を飲みに来て下さるお客様には有り難さのみ。
仕込みはやや少なめ。
道路浸水で買い出し不可。
日常の残骸傍目に、ご飯と奴っことお新香で過ごす。
いいんだ、お米は 『喫茶 種の音』さん のご主人が丹精込めて収穫されている、つやつやで一粒一粒が輝くコシヒカリ・合鴨米だから。絶妙。





日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2051
<< NEW | TOP | OLD>>