原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.09.30.

予備焙煎やら本焙煎やら。
やる事多く、迷走、妄想、構想。
たくさん考えたい。
物思う秋でもあるし。




そう言えば、この前、斉藤由貴が、
「素敵な、不思議な、ひと言で言うならば、
飯がまずい日々を過ごしております。」
とラジオで言って軽く炎上しかけていたが、彼女の不祥事?を抜きにして、自分の気持ちを代弁する言葉のニュアンスとしてユニークな単語の繋ぎ方をするなぁと私は耳を新鮮にして聴いてた。
こんなんで炎上なんて、本当最近の世の中はヒステリックだ。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2041
<< NEW | TOP | OLD>>