原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.07.19.

Ryan Heffingtonの振り付けは好みは分かれるだろうし、(長澤まさみのCMのやつ、またはKENZOの香水の)
個人的に好きかどうかと聞かれたら好きとは違うと答えるのだろうけど、確かに意思は感じる。凡庸な世界にNOを突きつけたいという意思だ。
Rockの元々の使命がもしも反逆にあるのだとしたら、いや実際そうなのだが、今の数多のバンドより寧ろこちらの方がRockなのだろう。

なんてことを熱帯夜の夜更け、思ってみてる。
終日焙煎でやや疲れ気味。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/2007
<< NEW | TOP | OLD>>