原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'17.04.05.



全く以って墓場のような。
中米の荒れた都市の夕刻の影であって。
不条理が今日も通り過ぎる。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/1962
<< NEW | TOP | OLD>>