原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

2017.03.06.

最多忙週の一週。朝も晩もなし。
詰めたり、焼いたり、選り分けたり。
十何キロの袋であっても、何度も動かしていると案の定、腰が悪化。
製造加工業者の職業病なり。









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


喫茶時間に関しては平常運転ですので、一人の時間を必要とされる方は、ふらっと早春の珈琲を飲みに足をお運び下さいませ。
言葉はなくとも、一杯の珈琲に専念させて頂きます。


日々のこと - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/1951
<< NEW | TOP | OLD>>