原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

KUSA.'s coffeebeans→『ethica』




久しぶりに頂いてしまいました。千葉、『ethica Table』さんのオリジナルスコーンです。
スタッフの方が何年も研究を重ねた末、出来上がった、ほっくりとした食感、ボリューミーで、類稀なるスコーンだと思います。
大人気の美容院併設のカフェですが、明るく気の置けない、ふらっと息抜き出来るスペースだと思います。




スコーンのラスクも是非、お土産に!









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

師走突入。
何事もなく、何気なく。


あの、眩いばかりのネオンとイルミネーションに包まれたサンタクロースも、謎に満ちた宝箱のようなジュエリーケースに収められたクリスマスプレゼントも、今はもうなくなってしまったはずだし。


極珍しく、フリーダブを聴き倒しつつ、私は思う。
登っていく時代とは逆に、降りていく時代に必須なのは、創造性(クリエイション)よりも、想像性(イマジネーション)の方であるらしいということ。



KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/1914
<< NEW | TOP | OLD>>