原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'16.06.29. 珈琲銘柄のお知らせなど




ぽつねんと。

何だか美しい、色彩も、ドローイングも、佇まいも。

以前、展覧会時に珈琲豆を提供させて頂いた、表現作家・佐藤貴志さんの作品。

大切に、大切に。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

公式HPの状態がかんばしくなく、更新が遅れております。

「リキッドアイス珈琲 '16 NO.1」
完売しております。

「リキッドアイス珈琲 '16 NO.2」
出来上がりました。今週土曜日より販売させて頂きます。
こちらは、少し爽やか、軽やか、少しエキゾチック。
盛夏にごくごくと、どうぞ。



「コロンビア ウィラ地区 エルパライソ生産者ユニット 」完売しました。

「コロンビア ナリーニョ地区 ラミーロ・セロン氏の農園 ティピカ種 ウォッシュト精製 ハイロースト」新入荷(660円/100g)
原生品種の一つ、ティピカ種の代表的産地だったコロンビアにおいても、純粋なティピカ種の生産は年々、減り続けております。
ティピカ種の香味はその柔らかさ以外は多様で、焙煎人たちに聞いても、それぞれ違う印象を述べたりします。
ただし、真っ当な珈琲の代表であることは間違いなく、このティピカもマイルドかつ心地よい舌触りがあり、私もそれを意識して香味作りしました。
エルパライソも素晴らしいバランス感でしたが、次はしばらく、伝統的ティピカの真っ当さをお愉しみ下さいませ。


「ブラジル セラード地区 ダテーラ農園 」完売致しました。

「ブラジル セラード地区 マカウバ・デ・シーマ農園 ブルボン種完熟ボイア パルプトナチュラル精製 フルシティロースト」再入荷(630円/100g)

ボイーア、やっぱり良いです。
樹上で珈琲チェリーを熟させて、さらにやや乾燥状態までもっていたものです。

軽やかなボディの中に、レーズンやナッツっぽい複雑さが絡んでいます。
酸味も苦手で、苦みもきつくないもの、という珈琲をお探しの方は是非お試し下さいませ。

「ニカラグア ファティマ農園 ジャバニカ種 ウォッシュト精製 ミディアム〜ハイロースト」新入荷 (680/100g円)
豆面からしてやや細長く、クラシックな品種です。貴重な品種の一つですが、香味は個性よりもクラシカル。
クリーンで甘いマイルド珈琲で、ハーブのようなニュアンスを漂わせます。年配の珈琲通の方は「懐かしい香味だ」と言いそうですし、
サードウエーブに慣れた若者にとってはある意味、新鮮な酸味に感じられるかもしれません。
バランスの取れた良い珈琲だと思います!


色々、飲み比べして、それぞれの夏にふさわしい一杯を見つけて下さい。






ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/1844
<< NEW | TOP | OLD>>