原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'16.03.23.

20年前ならデザイナーズレストラン、10年位前は新しい感性のカフェ、そしてここ何年かはコーヒーショップ、ロースターの特集をこぞって出版社やメディアが取り上げております。
一連の流れのブームとでも言いましょうか。

次はビーントゥバー、、かな。

どっちにしても、佳境期になると、総集的な真打ち的なものが出てきますが、これもそんな一冊だと、一読して感じられました。
大体、現在のコーヒーの位置、方向性のようなものが網羅されています。

『Discover Japan 特別編集
ベスト・オブ・コーヒー』

2016年2月増刊号ということなので、もしまだ書店で見つけられたら、是非ご覧になってみて下さい。

KUSA. 喫茶は、特集
「ニッポンのコーヒー最先端はローカルにあり!」
に1ページ取り上げて頂いております。

そして、これはお客様に指摘されて気づいたのですが、表紙裏に全面写真でブルーボトルさんと並んで、私の焙煎時の光景が載せられております。






サードウェーブの雄、お洒落でとっても浅煎りなBlue Bottle Coffeeと、精神的珈琲屋文化を標榜しつつを淡々と田舎で焙煎を続けるKUSA.喫茶の対比。しかもこの焙煎時の写真は、恐らくタンザニア ブラックバーン、ブルボン種のイタリアンロースト。まあ、黒光り。

編集者の意図を感じざるを得ませんが、何れにせよ有り難い事です。


そうそう、これは余談ですが。
私達夫婦は、常連さんとはちょっと別かもしれませんが、一人一人のお客様とそんなに世間話を交わしたりするタイプの人間でもありませんし、そういう方向性のショップを目指している訳でもありません。
まして混雑時は、そのたった一杯だけのライブのドリップに集中しているので、ひょっとしたらぶっきら棒に感じられる方もいるかもしれません。
ただ、丁度、今回のムックでも取り上げられている大坊さんが、別の本で語っていた言葉、
「お客さんひとりひとりと会話を交わさずとも私が『その人の仕事や生活について何がどうなっても構いやしないと考えているわけじゃない』ということが伝わる瞬間があるのでは」。

は、至言ですので、大先輩には失礼を承知で、そのまま私目のスタンスとしても引用させて頂く次第です。




ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kusakissa.jugem.jp/trackback/1808
<< NEW | TOP | OLD>>