原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

夏期休業などなど.


私は決してハルキストではないのだが、中高の多感な時期に初期3部作に触れ、静かに衝撃を受けた者の一人ではある。
その時は未熟で何に感じていたのか、村上龍派の多かった同級生にも「だってこういうのは過去にないじゃん」程度にしかうまく伝えられなかったけど、吉本隆明の昭和58年評を借りれば、「いわゆる文壇純文学とは方法の出処が全く違う。この出処が違うという意味が、世界の先進的な資本主義がちょっと考えも及ばないところに入ったという理解と重なるわけなんです。ぼくはそう評価する」という衝撃に尽きていたのだと思う。


最近は、小説の存在論としての深部深部へと舵が取られている気がして、逆に衝撃を受けたりはしないけど、この活字離れの時代に本を出せば話題になるという稀有な作家なのは間違いない。

そして、久しぶりに新作の短編を読み、違った意味でシンクロニシティのようなものを感じたのだが、それは学生時代の歌人との交際が脳裏に焼き付いているといった編を読んだから。
私も偶然にも大学生の頃、歌人の女子大生と交流していた事があって(交際ではなくて交流ね)、美術館などに行く時の「連れ」みたいな友人だったが、彼女のトークや彼女の美術評が強く記憶に刻まれて、どうかすると時の節々に思い起こす事が今でもあるのだ。

これがバンドやってる子だったり、イラスト書いてる子だったら当時は珍しくなかったけど、短歌書いてる子は珍しかったし。

その時、頂いた処女歌集(自家製だけど)は、本棚が変わってもいつもひっそり端の方に飾ってある。






『浮きぎみに 歩く人影 つぎつぎと
 煉瓦の壁に 薄まりゆく』



この情緒性の中に潜む死の予感に、20歳前後の私は感性の響きみたいなものを感じていたのだ、恐らく。

まあ、こういう自分なりの分析を当時伝えてあげられれば相手も嬉しかっただろうけど、そういうのは往々にして、歳を重ねた時に気づくものだから。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてさて、HPなどではお知らせ致しておりますが、 KUSA.喫茶は、今週末8/15(土)から8/31(月)まで店舗を休業致します。

例年、お盆は営業していて、帰省の方々とお会いするのも楽しみの一つでしたが、なにぶん狭い店内でもあり、現在、時間帯によって三密が避けられない状態になる事も多く、世の中の状況と照らして判断致しました。


online shopは稼働しておりますので、是非、この夏の酷暑の中、身体を浄化するような珈琲をご自宅でお愉しみ頂けたら幸いです。


一部、少々お時間を頂いておりますが、焙煎を間に合わせていきます。
どうぞ宜しくお願い致します。



KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
完売のお知らせ.


「KUSA.'s liquid ice coffee '20」は、『NO.1』『NO.2』『NO.3』ともに全て完売致しました。
ステイホームの影響もあるのでしょうか、例年よりも早いペースで完売してしまい、楽しみにされていてお買い逃しされたお客様には申し訳ございません。
スペシャルエディットとして『NO.4』の製作も夫婦でミーティングしてましたが、完成がお盆明けまでかかってしまいそうでしたので断念しました。






本年も2000本近く焙煎に勤しみましたが、お手に渡ったお客様は是非、この暑い夏のひと時をKUSA.のリキッドとともにお過ごし下さいませ。






また、今夏は昨年からリクエストもあり『iijima coffee』さん『1 ROOM COFFEE』さんのオリジナルリキッドも製作致しております。
『iijima coffee』さんオリジナルはふわっと漂う明るい酸が特徴のマイルドアイスで、『1 ROOM COFFEE』さんオリジナルはKUSA.の『NO.1』に近い重厚なビターアイスに仕上がっております。

重ねて是非チェックしてみて下さい。
KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
HPリニューアル.


KUSA.喫茶の公式HP をリニューアル致しました。


アナログだったオーダーフォームにも関わらず付いて来て下さった通販の顧客様にも感謝の気持ちで一杯です。

旧HPも15年、ほぼ大きな刷新もなく、稼働してくれて名残惜しくもあります。
HPや、今でしたらSNSの公式アカウントはバーチャル内ではありますが、店の建物と同じ意味の根幹を成します。

お店を営まれている方は実感としてわかると思うのですが、そもそもはお店は自分のものとして始める訳ですが、次第次第に自分のものだけでなく、お客様、地域のものの一部になっていき、自分の手の中には収まっているものの、いつしか世界に溶け込んでいってしまう、そんな皮膚感覚が。

そういう意味で、新しいHPも皆様の中に融合していってくれる事を願っています。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
6月営業日程.


KUSA.喫茶では幾つかの観点から6月の営業形態を引き続きFACTORY DAYの形で行います。
(焼き上がりの珈琲豆のフルラインナップと一杯立てのブティック珈琲のテイクアウト、焼き菓子のお持ち帰り。)
誠に心苦しいですが喫茶は出来ません。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







多くの人がそうかもしれませんがコロナ騒動について語るのは気乗りしません。疲れたと言った方がいいかもしれません。
この数ヶ月、近隣含めて多くの店舗様とオンライン含めてミーティングをしていきました。
飲食店にとっては舵取りの大変難しい情勢かと思います。

卸し店舗様を含めて、情報共有しながらより良い方向へ進む事を祈るばかりです。


私個人の思いとしては、向こう一年の運営計画を修正しましたので、粛々と珈琲店のあるべき仕事をこなしていくのみですが、世界全体を見通すと、今コロナの影響により世界恐慌並みの経済失速に見舞われるのは明白で、私たちの社会はそれに対応できる経験値を持っていない事への悲壮感が強いです。

私達にできるのは目の前の健康と生活を最大限自衛していくことで、それを第一と考えるとしても、昔、ウォール街の株価大暴落が第二次世界大戦の素地になったように、今後の経済恐慌が次なる大過への素地にならぬよう注意深く注視していく事だと強く思っています。

(阻止ではなく注視と書いたのは、我が国のカントリーパワーに既にそんな力はないという自戒を込めた皮肉でもありますが...。)
KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
リキッドアイス珈琲 NO.2
 
リキッドアイス珈琲NO.1、通販分は全て完売致しました。
毎夏、夏の風物詩のようにお使い下さるお客様、ありがとうございました。






『リキッドアイス珈琲 '20 NO.2』、
夜な夜な製作進行中ですが、6/7(日)より販売出来そうです。

夏の訪れる前夜、濃厚な『NO.1』で心身にがつんとスピリットを入れ、夏の訪れと共に爽やかでデイリーマイルドな『NO.2』で心身をクールダウンさせたい、そんなイメージで作り上げております。


ビーチに浮かぶ藻にまみれたブイ、学生たちの歓声、カーステレオから漏れるヒットソング、いつになっても乾かないTシャツの汗、そして、クーラーが途切れ途切れの古い図書館で読む南米本。

そんな記憶の断片断片が、私にとっての極個人的な「夏」を作っています。

今夏も、私たちそれぞれの夏を製作していきたい。そう、願ってます。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
'20.05.15.


明日、5/16(土)のFACTORY DAYは、事情によりお飲み物のテイクアウトが出来ません。







タンザニア、ケニアなど、東アフリカラインの豆は続々と焼き上げていきますので、是非フレッシュなスペシャリティー珈琲豆をご覧下さいませ。

デザートのテイクアウトのご用意はございます。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
営業日程.


KUSA. 喫茶は、4/13(月)から毎週水曜日に行っていたファクトリーデー(珈琲豆販売デー)の形態で開放致します。

なお、喫茶はございませんが、手淹れの珈琲をテイクアウトは出来ますので、お申し付け下さい。






夕刻6時の宙に浮かび上がる、白い山吹きの花。

今時期でしか見られない花ですので、お待ちの間、ふと目に留めて頂ければ。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネットの映画レビューはほんとあてにならないのが常だが、これ、普通に傑作でしょ。ポツドール主催、三浦大輔第5作目の監督作品『何者』。

就活を舞台にしているので、就活青春ものかと決めつけそうに観始めたけど、この映画は老若男女誰もが抱えたことのあるだろう、他人の才能への嫉妬と羨望、やることなすことうまくいかない時の消え入りそうな自尊心、がぐつぐつ煮えたぎる様を現代空間の中に映し出した、ある意味美しい日本映画。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
新型コロナウィルスに伴う営業日程.


HPに告知している通り、ウィルスの感染状況、県の告知を判断して、KUSA.喫茶では、営業自粛を4/12(日)まで延長致します。

状況を判断し、随時、変更となることがございますので、ご来店の際はHPのNEWSページをご一読下されば幸いです。

4/7(火)、4/8(水)は、通常のファクトリーデーの形態で、KUSA.喫茶を開放致します。珈琲豆の販売のみになりますが(この期間はデザート、焼き菓子類の販売は見合わせます)、自粛期間のご自宅でのリフレッシュに是非、それぞれの趣き深い珈琲銘柄を選んでみて下さい。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




どちらも約1年ぶりの「ブラジル シーマ農園 ブルボン種 ウォッシュト精製」「タンザニア ブラックバーン農園 ブルボン種+ケント種 ウォッシュト精製」。
リクエストのお声も多かったので、テストローストもかなりこなしました。結果、それぞれフルシティーロースト(中深煎り)とフレンチロースト(深煎り)に焼き上げています。
「待望の」、と言っていい、甘い深煎りに仕上がっております。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



世情とは裏腹に、本当は、もう春は爛漫。
ご近所の桃源郷のような一画にも花が咲き誇ってる。
隣を歩く息子に話しかけながら、後方を歩く奥方を見やりながら、この一画に射し込む、トレーシングペーパーに透かしたような春の太陽の光を美しいと思う。
もう100年も前に、「美とは痙攣的なものだろう、さもなくば存在しない。」と アンドレブルトンが語った言葉をずっと脳に収めている。
店を作る時も、KUSA.の珈琲豆を魔術的と称する時も、頭にはそんな言葉がある。
人畜無害な、当たり障りのない造形物に、美はない。
春の風景が美しいのも、そんな風景に身体が溶けるように美を感じるのも、本来、自然は恐怖の対象であり、魔物のように畏れ多く、本質的には人間の敵でもあるのだという記憶が、原風景のように人間の無意識下に刻まれているからこそだ。


春は、爛漫。
コロナ、調子に乗り過ぎ。

明らかに調子に乗り過ぎてるから、
私達は感性と知恵で対抗する。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
珈琲豆のご予約について.

引き続き、来週まで営業自粛中です。




焙煎は連日稼働しております。
家内制手工業状態です。
こちらは、ほぼラストバッグに近くなってきた、「エチオピア ベンチネンカ集落もの ウォッシュト精製」。
素晴らしい焼き具合だと思います。


明日、4/2(水)も、珈琲豆のご予約のみ受け付け致します。メール下されば対応致します。
お引き渡し時間は14時から17時までです。


通販は、多数オーダー頂いており、少々お待ち頂きますが、通常稼働しておりますので、返信が遅くなってもご安心下さい。


どうぞ宜しくお願い致します。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
コロナウィルスに伴う4月の営業日程のお知らせ

国や県からの告知もあり、KUSA.喫茶では、当面、営業を自粛させて頂きます。
3/29(日)より4/5(日)まで、休業期間です。


通販は、通常通り稼働致します。
今月も最高のブティック珈琲が揃っております。ご自宅で各種、お愉しみ頂けましたら幸いです。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−

コロナウィルスは、中国から極東アジアへ、そして今や世界へ猛威を奮っています。
ウィルス自体の恐ろしさもありますが、世界経済への影響もリーマンショック以上の打撃をもたらすと思われます。
但し、こと房総エリアに限っては、卸し店舗様や近隣の店舗様とも密に情報交換をしておりましたが、個人店においては営業の悪影響はほとんどなく、団体の予約キャンセルなどを除けば、むしろどこの店舗さんも沢山のお客様で賑わっていた一か月でした。

しかし、国内や東京の感染者増を見る限り、個人的見解ではこのウィルスは小規模の感染爆発を既に終え、一般に浸透してしまっている段階なのではないかと考えています。

その上で、都心部を中心にしたこの自粛期間の役割は、感染防止というよりも、軽度感染者、無自覚感染者の自然治癒を期待できる期間と捉えたいと思っております。

世界がより良きフェイズへ移行出来るように祈っているし、努力したいです。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
| 1/6 | >>