原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'19 .09.29.






そこら中の全てが澄み渡り、まるで海水浴帰りのような、夏の午後3時の潮風の匂いもしてきたので、もう何事もなかったような幸福な一日にしか思えない。


誰かの淹れてくれた珈琲が染み渡る。
今いる地点を、示してくれる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




そして、グアテマラからの豆。
ペドロ氏率いる「サンタカタリーナ農園 ブルボン種 ウォッシュト精製」。

職人は、私も含めて、つい個性のある素材へと興味が移りがちだが、例えばこの良質なグアテマラ、今季はうちはフレンチローストに留めているが、クリーン、フレッシュなカカオ香、軽やかなボディ感、どこをとっても真っ当な一級品の深煎りに仕上がってる。

嗜好品において、世界最高品質のものが数百円で愉しめるというのは、珈琲以外に案外ないのかもしれない。


日々のこと - trackbacks(0)
'19.09.09.


台風の被害はありませんでしたか?
KUSA.店内は、一部水浸しになってしまいましたが、朝からスタッフ総出で復旧、喫茶は通常稼働で動いてます。

皆様に、被害がございませんように。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







先日の、『tocoro cafe とtalk vol.8 at 十五六』は、お陰様で第1部、第2部とも満席の中、tocoro cafe・上村さんのゆったりと鮮やかな進行につられるように、私は大船に乗った安心感のまま、しかし、非常にスリリングなトークセッションが繰り広げられたと思います。
改めて、主催・上村さんご夫妻にはこの場を借りて感謝申し上げます。


私と外山氏の共著「極彩色の孤独」より二篇、ポエトリーリーディングもさせて頂きました。
電子ノイズの中、吐息のようなリーディングは、聞き慣れない方も多かったと思いますが、どこかのほんのひとフレーズでも脳裏に焼き付いてくれたら幸いなのですが。


気持ち良い晩夏の昼下がり、十五六まで辿り着き、濃密な二時間を共有した後に、少し夕暮れがかった十五六の扉を背にする。

そしたら、あ、街の風景の色が、風の匂いが、少し違って感じる、そんな風に脳内が少し変容する通過点の時間になってくれていたら、私も含めた皆にとって貴重な時間になったのだと確信出来るのです。




明日は、生豆の総会出席。
また改めてレポート出来ればと思います。


日々のこと - trackbacks(0)
'19 .07.02.


ご注文頂いておりますが、『リキッドアイス珈琲 '19 NO.2』、週末に完売しております。
HPの更新が遅れていて大変申し訳ございません。







『リキッドアイス珈琲 '19 NO.3』、夜更けに製作中。


『NO.2』は、爽やかで、飲み心地良く、軽やかなアイス珈琲をお求めのお客様には好評でしたが、『NO.3』はNO.2よりはやや深め。
でも、濃過ぎるほどではなく仕上げる予定です。
微かにインドの街中のすり潰したスパイスのような香りが残るかな、と。
盛夏に旅するようなアイスになればと思っております。
7/14(日)から店頭にご用意出来る予定です。




日々のこと - trackbacks(0)
'19.05.26.


『リキッドアイス珈琲 '19 NO.1』は予想外に動きが早く、本日で全て完売致しました。
ありがとうございました。

爽やかな『'19 NO.2』も是非お楽しみに。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





夜更けに息子とふと思い立って川下を散歩しながら、下らない話でうきゃうきゃうきゃ言って、流木振り回したり、小石を川面に投げたりして、さ、何を想うって、それは君、確信だよ確信。

我々には消滅に抗う権利があるっていう、確信。


日々のこと - trackbacks(0)
'19.05.12.

初夏。身体と脳をクールダウンさせる為のリキッドアイス珈琲'19。

「NO.1」も順調で、例年通り、濃厚さとクリーンさのバランスを取っています。
今週から早々と「NO.2」の製作に取り組み始めました。ブレンディング、カッピングと続けていて、こちらは昨年同様、爽やかな果実感の残るアイスに仕立てます。

ブレンド構成が確定次第、オールナイトでローストに入っていきます。
6月1日、発売開始予定です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同時進行で、今月は店舗様とのミーティング、カッピングセッション続き。

太東漁港から程近く、『ono icecream』さんがオープン予定です。
こだわり抜いたソフトクリーム&セレクトショップ、木目の効いた美しいお店です。
アイス珈琲の打ち合わせをしています。今月、オープン日が決定したら、改めてアップします。


日々のこと - trackbacks(0)
'19.04.28.






連休の夕暮れ。
一瞬の桃源郷のような。

舞姫とあなたと私と焙煎の煙の、
凛庭におけるノスタルジックな
Fusion。


日々のこと - trackbacks(0)
'19.04.15.

春爛漫。か?







ブラジルのブルボンのパルプトナチュラルはその昔、よくエスプレッソブレンドに使われていたが、今シーズン甘みも十分なので、がんがん火入れして、リキッドアイス珈琲の為のイタリアンローストにふんだんに使用するつもり。

夜な夜な、喫茶後、一息。
これはディードリッヒの釜メインで。
ローストに次ぐロースト。夕飯を挟んで、再度ロースト。

更に暗闇の庭で一服。
スモーク臭の残る箱庭。


今季のリキッドアイス珈琲、まずは「NO.1」から。
GWには販売開始予定です。



日々のこと - trackbacks(0)
'19.03.11.



鎌ケ谷市のセレクトショップ『CB PAC』さん が焙煎見学に見える。
カッピングセッションしながら、お店のご様子など伺いながら歓談しつつ。
もうすぐオープン一周年とこのことで、小さなイベントも考えられているそう。住宅地で展開する物販店という事で、自分の感性とビジネスとの両立でご苦労もあるかと思いますが、お若いエネルギーで奮闘されています。



こちらでは、オリジナルのダンクスタイル珈琲を取り扱って頂いており、千葉西部の方にはご好評頂いております。
千葉の優れた物だけを扱うというポリシーの下、益々と根を張っていかれるように心から応援しております。




何気ないデザインの「ニューオークボ」さんの乾麺パスタ。生麺のようなもっちもちのパスタに仕上がり、大変美味です。
こちらの商品も『CBパック』さんでお取り扱い中。



日々のこと - trackbacks(0)
'19.02.11.




ぼうぼうと燃えている。
焼ききる。


この高度に発達した文明下で起こる様々な事象、事故、事件。
私たちには手に負えないことばかりなのかもしれない。 だとしても、努力すべきなのだ、私たちは。



日々のこと - trackbacks(0)
'19.01.29.








「カフェノナマエ」
(川口葉子著・キノブックス刊)
東京カフェの歴史を感性で見つめ、丹念に綴ってきた川口葉子さんが、一つ一つのカフェのネーミングから想像力を巡らせて、物語を語っていく随筆集、またはカフェ歴史の論説書と呼んでも良い渾身の書。

『sens et sens 』さん、『1 ROOM COFFEE』さん、『tocoro cafe』さん、『kibi cafe』さんなど、錚々たるお店さんも名を連ねています。




珈琲によく合う、深夜に、武満徹のギターのための小品を聴きながら読んでいる、今は午前2時。


日々のこと - trackbacks(0)
| 1/156 | >>