原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'18.09.29.




ちんたらちんたら物事が進まない。
自己嫌悪ばかりが募る。
ガパオライス食べて、ふと夕焼け。
明日も幸せだったらいいな。




日々のこと - trackbacks(0)
'18.09.09.






夏の終わりのビーチの夜会。
珈琲の代わりにビール。
夏はいつもほんの束の間だけど、人の記憶に恋の残り香を刻んでいくものだ。
情愛のと言い換えてもいい。



もう、秋だ。

日々のこと - trackbacks(0)
'18.08.31.





夏が静かに去っていきます。

麦茶の湯、子供の弁当の準備、プールで流す汗、仕事以外はそんな何やらかにやらで夏ももう終わり。

珈琲銘柄はだいぶ切り替わっております。
公式HP ご参照下さいませ。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.07.31.

一宮、仕事終わり、夕景。





先日の台風ではご無事でしたでしょうか。
何事もないことを祈るばかりです。


『KUSA.のリキッドアイス珈琲 NO.2. "』も残り僅か。
( NO.2"はロゴの右端のピンクマークが目印です)

去りゆく夏と共に、是非ご賞味下さいませ。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.06.24.





気だけ遣って、悲観ばかりに暮れている梅雨の真っ最中に、「だって友達だろ」って、無意味な時間に付き合ってくれる友の何気ない言葉が何だか頭から離れない。


珈琲のタイムスケジュールに背中を引っ張られるように一日が流れていく。


シャワー二度浴び。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.06.05.





駐車場、整備。
梅雨入り前の炎天下、転圧を掛けていた職人さんがふとランマーの手を止め、「お、いい風だな」と呟く。

子の小学校からのプリントも、課題図書、計画表、自由研究ノートと、もう夏一色。

私たちの頭上には今日も海からの夏風が通り過ぎ、それは優しく、生ぬるく、思い出でいっぱいだ。








「KUSA. のアイスリキッド珈琲'18 NO.1」。
第一作めの通信販売分は完売。
店頭にて数本の在庫を残すのみです。

「NO.2」。初夏のような爽やかタイプは、急ピッチで製作中。6/16(土)より販売開始出来そうです。




日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans+warabi.

梅雨入り直前。
鬱蒼としている季節に、透き通った珈琲わらび餅が届く。




『cafe GROVE』さん監修 袖ヶ浦市『奈良輪豊月堂』さん の製作、KUSA.の珈琲をアクセントに。
とにかく美味。
珈琲はコスタリカ使用との事で、珈琲の風味を押し出すというより寧ろ、中米産コスタリカの豊かなコクをわらびもちに纏わせた感じ。
和菓子職人さんの粋。




お取り扱いは『奈良輪豊月堂』さん のみ。




日々のこと - trackbacks(0)
'18.04.21.


胃がきりきりする、茶しぶのような一カ月を送ってきました。
いつしかGWも目前。
喫茶日程も通常通りになりそうです。






「青年は決して安全株を買ってはならない。」
とジャン・コクトーは言った。
でも、それはあっという間だったが、もう青年ではないのだし、残念ながら。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.03.17.

夜半過ぎ、とても寒い。



桜の木の下。

留学前の少女、アンダーグラウンド演劇、甘いカレー、そして、木曽路は全て山の中である。とか。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.03.03.





東京、麻布、旧友、シンクロニシティ、マーキュリックダンス。




日々のこと - trackbacks(0)
| 1/154 | >>