原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

'18.03.17.

夜半過ぎ、とても寒い。



桜の木の下。

留学前の少女、アンダーグラウンド演劇、甘いカレー、そして、木曽路は全て山の中である。とか。


日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『donner』


だいぶ昼下がりに立ち寄った 『donner』さん です。

陽射しは柔らかく、時折波の音が届き、それでいてオーティス・レディング的なソウルなスピリットも店内に充満している。
ご存知、いすみ市のChef's Table & Bake Shopですが、一品一品、シェフのフリーフォームな感性とテクニックがスパーク、質量ともに神懸かってます。








選りすぐられた自然派ワインと、とっておきの自家製パンと共に。

素晴らしいひと時。




『donner』さん 含め、 一宮町の『青』さん 長南町の「storia』さん 鴨川市の 『具琥』さんといった、この外房界隈の真にリスペクトに値する食の職人さん達と珈琲を通じてセッション出来るのは、本当に光栄で、この上ない喜びの瞬間です。




KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.03.03.





東京、麻布、旧友、シンクロニシティ、マーキュリックダンス。




日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『D&DEPARTMENT PROJECT』




「design travel 千葉号」が発売になりました。

「design travel」は、D&DEPARTMENTさんが、デザイン的観点、サスティナブル的観点から日本の都道府県を丹念に見つめ直し、生み出した各県の新しいガイドです。

KUSA.喫茶も今回の千葉県版に取り上げて頂きました。




そして、4/1まで、発売記念として渋谷ヒカリエ8階の『d47musium』にて珈琲豆と焼き菓子をお求め頂けます。
『d47食堂』では、千葉の郷土料理とともにKUSA.喫茶二種の珈琲もお飲み頂けます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KUSA.喫茶の喫茶定休日は、毎週木曜、金曜、月の最終週の日曜とその翌日になります。
今月の最終定休日は、2/25(日)、2/26(月)です。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.02.19.


主に深煎りを中心に、喫茶後の焙煎続き。
「グアテマラ ラトラベシア農園 ブルボン種 ウォッシュト精製 イタリアンロースト」。
この豆をここまで深く火入れしたのは、硬質で豆質が引き締まっているようにみえて、繊維が実は柔らかく、火加減に細心の注意を払いながら進行させる事によって、ある次元の甘みが現れるからだ。





まだまだ。




幸せな時間が刻々と流れていく。
西の空、上弦の月、斜陽。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.02.16.











幾つかの大切なチョコレートを頂く。
とても嬉しい。




明日も晴れ予報。頑張る。
私たちの明日の珈琲は、ミディアムからハイロースト4銘柄、タンザニア ブラックバーン農園 ブルボン種AAサイズ フレンチロースト などを中心に深煎り4銘柄、販売用に並んでいく予定。




日々のこと - trackbacks(0)
'18.02.13.




ヴァレンタインの配送もようやく一息つく。
家内制手工業の2週間。
ピッキング、カッピング、焙煎、アフターピッキング、アフターカッピング、ブレンディング、袋詰め、梱包、配送の流れを淡々と夜な夜な。

良い事も沢山起こった期間だったが。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.02.10.




ちょっと寒い。でも、きれい。

狭い団地。
ヘリコプター。
布団を叩く音。

珈琲の液面が揺れてる。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.02.07.





ケニア カラツ、こちらは3kg釜でローストしています。
圧倒的な火力でケニア特有の酸味と華やかさを引き出しておいて、釜上げ直前で長めの煎り込みをかけて、浅煎りの渋みを消すという工程です。
複雑な酸を味わいたいお客様にはおすすめします。
高温にて1分30秒抽出を推奨します。


日々のこと - trackbacks(0)
'18.02.04. 本





昨年出版された『房総コーヒー』(暮ラジカルデザイン編集室)1,350円(税込み)です。
ガイドブックではありません。
房総半島の珈琲カルチャーの片鱗が覗けます。延いては、現在の世界の珈琲の動きも垣間見えてきます。
店主たちのストーリーが紡がれており、読み応えあると思います。弊店のパートのキーワードは「辺境」。


こちらの書籍は、珈琲豆と同封出来ます。オーダーフォームのその他商品欄に御記載下さいませ。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


単調な夜間作業の合間に、
Russell Haswell 『Acid Noise Synthesis』。
偏執的な傑作だと思うが、彼の導き出すビートは一部で辺境ビートと呼ばれています。


ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
| 1/199 | >>