原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

KUSA.'s STOLLEN 2018.







熟成され、取り出されるのを待つドライフルーツたち。

種類によって、2週間から5ヶ月と漬け込み具合を変え、生地にフィットするのを見極める。

KUSA.のシュトーレンの素材たちです。

今冬も奥方が独自の製法で一本ずつ焼き上げていきます。

甘くて濃厚な大人の発酵菓子を、クリスマスから年の瀬に向けて、ごゆっくりとお愉しみ下さい。


「KUSA.のシュトーレン 2018」 2,100円(税込み)
/1本(サイズ中、約350g前後)
「KUSA.の冬のギフト 2018」 3,500円(税込み)
・シュトレン 1本 ・冬特製のブレンディング珈琲 200g (又はダンクスタイル珈琲10バッグに変更可能です)
ご自宅で珈琲と共に、クリスマスの贈り物に、お歳暮に、是非ご活用下さい。
シュトーレンのご予約はお一人様10本までとさせて頂きます。




KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『contes』

2階。
黒の基調としたルームに、『gris-souris』のクラシックが流れている。

絶妙なレイアウトとスタッフ達が醸し出す、静謐さの中の大人の香り。 ミートローフとキッシュ、極上のスパークリング。
締めには、こだわりの紅茶かネルドリップ珈琲。


ただただ気持ち良く美しい時間が過ぎてゆく。
凛とした大人のための、凛としたカフェ。

千葉中央駅、徒歩1分。
『contes』。
KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.09.29.




ちんたらちんたら物事が進まない。
自己嫌悪ばかりが募る。
ガパオライス食べて、ふと夕焼け。
明日も幸せだったらいいな。




日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『CB PACK』

秋めいてきましたね。
アートの秋だからという訳でもありませんが、最近、詩を書き綴ってます。
現代詩です。



実は何年も書き綴ってきているのですが、新作で小作品集を刊行する予定です。
文章がお好きな方は機会があればご高覧下さいませ。





さてさて、ギフトの秋。
ご紹介が遅くなりましたが、鎌ヶ谷市の初富駅近くに春にオープンされた、 『CB PACK』さん です。




店主さんこだわりの「房総の素晴らしい物」を、大切に大切にセレクトされています。
ご縁があって、KUSA.喫茶のリキッドアイスやオリジナルダンクスタイル珈琲を提供させて頂いております。

店主様お手製のスペシャルパッケージで、ご自宅用としては勿論、お土産としてもとてもお勧めです。

民家をギャラリーのように改装されたこだわりのあるお店です。
是非、一度、訪れてみて下さいね。



KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.09.09.






夏の終わりのビーチの夜会。
珈琲の代わりにビール。
夏はいつもほんの束の間だけど、人の記憶に恋の残り香を刻んでいくものだ。
情愛のと言い換えてもいい。



もう、秋だ。

日々のこと - trackbacks(0)
'18.08.31.





夏が静かに去っていきます。

麦茶の湯、子供の弁当の準備、プールで流す汗、仕事以外はそんな何やらかにやらで夏ももう終わり。

珈琲銘柄はだいぶ切り替わっております。
公式HP ご参照下さいませ。


日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『hu-』


岐阜県ではつとに有名な パンと珈琲のカフェ『panbiyori fu-』さん にて
「アイスコーヒー展」が始まっています。(〜8/31日まで)
光栄なことにKUSA.喫茶にもお声掛け頂き、豆とリキッドアイス珈琲'18をご紹介頂いております。
美味しいパンと共に人気イベントとなっているアイスコーヒー展のようで、バラエティーに富み、とても楽しそうです。
「リキッドアイス珈琲'18」は弊店では完売しております。
お近くの方は是非、足を運んでみて下さいね。




KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.07.31.

一宮、仕事終わり、夕景。





先日の台風ではご無事でしたでしょうか。
何事もないことを祈るばかりです。


『KUSA.のリキッドアイス珈琲 NO.2. "』も残り僅か。
( NO.2"はロゴの右端のピンクマークが目印です)

去りゆく夏と共に、是非ご賞味下さいませ。


日々のこと - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『mash iro』

お知らせが遅くなりましたが、吉祥寺は井の頭の栄久さんのお休みの合間を繋ぐように、キッシュと珈琲の専門店『mash iro』さんが今春開店されました。



キッシュは絶品、珈琲抽出はアグレッシブ。

ここの場は、いつも、喧噪の裏通り、時々車の通る音、通りを歩く話し声、射し込む西陽に、私達の百年の孤独を忘れさせてくれる。





厨房を懸命に動き回りながら、柔らかく店内に目配りする、朗らかでちょっとシャイで魅力的な女性店主の手がけるこの店はカフェでもあり、喫茶店でもあり、専門店でもある、とても居心地の良い場所。

KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'18.06.24.





気だけ遣って、悲観ばかりに暮れている梅雨の真っ最中に、「だって友達だろ」って、無意味な時間に付き合ってくれる友の何気ない言葉が何だか頭から離れない。


珈琲のタイムスケジュールに背中を引っ張られるように一日が流れていく。


シャワー二度浴び。


日々のこと - trackbacks(0)
| 1/200 | >>