原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

KUSA.s stollen '19


早朝から毎日焼き上げています。
先週からご予約開始させて頂きました。
本年は事情によりお一人様5本までとさせて頂いております。





秋の朝早くの乾いた空気を吸い込んだ生地が、さらにひんやりとした冬にかけてどんどん熟成していきます。
独自の手法で焼き上げた、濃厚なシュトレンです。
ご予約頂いているお客様、聖なるシーズンに向けどうぞお楽しみに。



詳しくは公式HP のオーダーページをご覧下さいませ。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
'19 10.27.


久しぶりに秋らしい気温。
うっすら膜がかかっているやうな空の色ではありますが。

素晴らしいマンデリンもロースト中。

本日から通常営業になります。


定休日  木曜、金曜
水曜日はファクトリーデー。テイクアウトの日です。
日々のこと - trackbacks(0)
臨時休業のお知らせ

昨日の大雨の影響により、一部復旧作業が必要な為、本日10/26(土)は臨時休業とさせて頂きます。


宜しくお願い申し上げます。

KUSA. 喫茶


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
'19 .10.23.


珈琲を淹れて、珈琲を焙煎する。
それ以外は、
何だかすごく不思議な、
ふわふわとした、
無機質な、一日を過ごした。





この感じ、思い当たる節がある。
まだ年も押し詰まっていない月なのに、
午後の気配は鬱蒼として暗く、
ミシンの音がカタカタ、お皿の洗われる音、ひそひそとした喋り声だけがドア越しに漏れてくる。
そんな生活音にぼんやり包まれ、頭は浮遊している。
窓はグレー色のまま。

風邪をひく前の前兆のような。
もしくは、何かを愛おしく感じた時の、
心の揺らぎのような。


日々のこと - trackbacks(0)
営業再開のお知らせ.

台風も猛威を奮いながらも、列島を過ぎ去りました。
村では未だ停電エリアが多いですが、KUSA.喫茶の被害は今回も軽微で、復旧致しましたので、14日(月)より通常営業になります。

本来ならば、この清々しい秋の日の珈琲は、珈琲の醍醐味を最も感じられる季節です。
どうぞ確かな一杯をお愉しみ頂ければ幸いです。





KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
12(土)、13日(日) 臨時休業


予想通りの猛烈な風と雨に晒されています。

こちらでは郡全域に避難勧告も出され、明日になるまで建物の被害状況など予想できませんが、修復作業に大なり小なりの時間を要する状況にはなっていますので、明日13日(日)は臨時休業とさせて頂きます。 宜しくお願い致します。 KUSA. 喫茶
KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『ohashi Trio live』



夜に向かって真っしぐら、スタッフ共々、特別な珈琲を製作中。
秋の夜長を優雅に静かに過ごしたくても焙煎所はそうも言っていられぬ。
最終梱包前。







何度ものカッピングを終え、数十kgのプレピッキングも終わり、本焙煎も終わり、アフターピッキングも終わり、ブレンディングが終わり、数百の袋詰めが終わり(←今ココ)、後はささやかな詩篇の紙と共に最終梱包を残すところなので、夜になって始めての音楽。


先ずは、William Parker、そして、Sun Ra。
調子も出てきたので、最後は大橋トリオの「Bing Bang」。
いつ聞いても幸せで胸が押しつぶされそうになる。




特別なファンの為の大橋トリオさんライブ&トーク全国ツアーの為の珈琲。
勿論、明日の京都の会場でも、このブティック珈琲は並びます。
朗らかで極上のマイルドさに、彼の新作「THUNDERBIRD」のソウルフルでブルージーな土臭さをイメージして、珈琲の香りの残り香に微かに野性味が漂うように。


お楽しみに。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'19 .09.29.






そこら中の全てが澄み渡り、まるで海水浴帰りのような、夏の午後3時の潮風の匂いもしてきたので、もう何事もなかったような幸福な一日にしか思えない。


誰かの淹れてくれた珈琲が染み渡る。
今いる地点を、示してくれる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




そして、グアテマラからの豆。
ペドロ氏率いる「サンタカタリーナ農園 ブルボン種 ウォッシュト精製」。

職人は、私も含めて、つい個性のある素材へと興味が移りがちだが、例えばこの良質なグアテマラ、今季はうちはフレンチローストに留めているが、クリーン、フレッシュなカカオ香、軽やかなボディ感、どこをとっても真っ当な一級品の深煎りに仕上がってる。

嗜好品において、世界最高品質のものが数百円で愉しめるというのは、珈琲以外に案外ないのかもしれない。


日々のこと - trackbacks(0)
'19.09.09.


台風の被害はありませんでしたか?
KUSA.店内は、一部水浸しになってしまいましたが、朝からスタッフ総出で復旧、喫茶は通常稼働で動いてます。

皆様に、被害がございませんように。




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−







先日の、『tocoro cafe とtalk vol.8 at 十五六』は、お陰様で第1部、第2部とも満席の中、tocoro cafe・上村さんのゆったりと鮮やかな進行につられるように、私は大船に乗った安心感のまま、しかし、非常にスリリングなトークセッションが繰り広げられたと思います。
改めて、主催・上村さんご夫妻にはこの場を借りて感謝申し上げます。


私と外山氏の共著「極彩色の孤独」より二篇、ポエトリーリーディングもさせて頂きました。
電子ノイズの中、吐息のようなリーディングは、聞き慣れない方も多かったと思いますが、どこかのほんのひとフレーズでも脳裏に焼き付いてくれたら幸いなのですが。


気持ち良い晩夏の昼下がり、十五六まで辿り着き、濃密な二時間を共有した後に、少し夕暮れがかった十五六の扉を背にする。

そしたら、あ、街の風景の色が、風の匂いが、少し違って感じる、そんな風に脳内が少し変容する通過点の時間になってくれていたら、私も含めた皆にとって貴重な時間になったのだと確信出来るのです。




明日は、生豆の総会出席。
また改めてレポート出来ればと思います。


日々のこと - trackbacks(0)
tocoro + KUSA. お話会 チケット発売のお知らせ.





艶光が神々しいまでに。






tocoro cafeさんの、お話会ご予約サイトの文章が熱いので、当日、販売する十五六お話会の日だけのブレンドの、焙煎とカッピングも熱を帯びてしまいます。
「construction」という、tocoro cafeさん用のオリジナルブレンドをベースにしつつ、少しスリリングで、少しソリッドな香味を表に出していきたいと考えつつ。

まあ、どのブレンド製作の時も同じではありますが、焙煎してエイジングさせて、1gから2gずつ配合を変えていって、スタッフ交えて、カッピングフォームと睨み合いしています。
抽象的になればなるほど難航していくのですが、この日だけのブレンドというのは年間の継続性に関しては気にしなくて良いので、面白さは増します。

8/24(土)、『tocoro + KUSA. お話会』
ドリップ珈琲付き、質素ですが手土産付き。
13:30の部はほぼ満席、18:00の部は若干お席があるそうです。
消えいく夏の夕べに、呼吸し合いましょう。

ご予約、詳細は、『tocoro cafe ブログ』にて受け付けしております。




ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
| 1/203 | >>