原色の朝、一杯の熱い、フルーツのような珈琲を飲む。
そのために、必要な言葉たちの徒然。

リキッドアイス珈琲 NO.2
 
リキッドアイス珈琲NO.1、通販分は全て完売致しました。
毎夏、夏の風物詩のようにお使い下さるお客様、ありがとうございました。






『リキッドアイス珈琲 '20 NO.2』、
夜な夜な製作進行中ですが、6/7(日)より販売出来そうです。

夏の訪れる前夜、濃厚な『NO.1』で心身にがつんとスピリットを入れ、夏の訪れと共に爽やかでデイリーマイルドな『NO.2』で心身をクールダウンさせたい、そんなイメージで作り上げております。


ビーチに浮かぶ藻にまみれたブイ、学生たちの歓声、カーステレオから漏れるヒットソング、いつになっても乾かないTシャツの汗、そして、クーラーが途切れ途切れの古い図書館で読む南米本。

そんな記憶の断片断片が、私にとっての極個人的な「夏」を作っています。

今夏も、私たちそれぞれの夏を製作していきましょう。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
KUSA.'s coffee beans→『CB PACK』.


鎌ヶ谷市 千葉のセレクトショップ『CB PACK』さん。 静かな住宅地の一画にて、静かな珈琲セッション。

店内の一画に、喫茶室が開設されるとの事です。6月末、OPEN予定。

素晴らしく柔らかで、クリーンな、フルシティー珈琲が頂けると思います。

その為の、男二人だけの、集中と呼吸の途切れ途切れの時間の流れるセッションでした。






「DEW」さんや、「APOLOGIA」さんや、「inherit」さん達、そうそうたる千葉のお店さんの手掛ける什器が鎮座してます。

長居するというより、ぽつんと座り、飲み物をたしなんで、ふっと息をつく、空気を見回す、そんな空間。

千葉西部の珈琲好きのお方は、お愉しみに。


KUSA.の珈琲豆を飲める場所、買える店 - trackbacks(0)
'20.05.15.


明日、5/16(土)のFACTORY DAYは、事情によりお飲み物のテイクアウトが出来ません。







タンザニア、ケニアなど、東アフリカラインの豆は続々と焼き上げていきますので、是非フレッシュなスペシャリティー珈琲豆をご覧下さいませ。

デザートのテイクアウトのご用意はございます。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
'20.05.08.





そうか、花は希望なんだな、とつくづく。

独創的フラワーショップ・あすみが丘『フルリール』さんの手掛けた美しい束たち。


日々のこと - trackbacks(0)
'20.05.03.


先月から連日、フル回転の焙煎が続き、気温の上昇にも伴い、焙煎職人にとっては最も労多い季節の一つになっております。
「KUSA.のリキッドアイス珈琲 '20 『NO.1』」。
5/23(土)リリースに向けて作業中。(作業は順調に進んでおりますが、状況によって日程がずれる可能性もあり)


5月時点で室温39度の焙煎室、覆うスモークと時折、煙突から逆流してくる初夏の陽射しの匂い。釜から10kgの珈琲豆が放出された瞬間に立ち上がる水蒸気の群れ。
一日7パッチの焙煎の間は、口呼吸を封印、鼻と目だけで豆を追い、汗がじわっとまとわりつく。
そんな感じの世界。


良くも悪くもだが、スペシャリティー珈琲をこのラインまで火を入れるのは実はすごく稀。良くも悪くもだが、濃縮。

今夏のリキッドNO.1にも、65%強このラインの豆を使用していきます。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

静かなクリーンルームにて。



『iijima coffee』さん と、静かなセッション。
作り出すフードも、纏うデザインも、常にハイセンスなものをプロダクトしていて、文字通り千葉県を先導している孤高のお店。
今夏はiijima coffeeさんのオリジナルリキッドも製作開始。
ある種まろやかで、ある種のコクがあり、爽やかさを残す。
そんなイメージの味わいになるように、豆の微調整を施しています。

高レベルな商品が並ぶオンラインショップでも取り扱われるようですので、是非チェックしてみて下さい。


日々のこと - trackbacks(0)
営業日程.


KUSA. 喫茶は、4/13(月)から毎週水曜日に行っていたファクトリーデー(珈琲豆販売デー)の形態で開放致します。

なお、喫茶はございませんが、手淹れの珈琲をテイクアウトは出来ますので、お申し付け下さい。






夕刻6時の宙に浮かび上がる、白い山吹きの花。

今時期でしか見られない花ですので、お待ちの間、ふと目に留めて頂ければ。








ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネットの映画レビューはほんとあてにならないのが常だが、これ、普通に傑作でしょ。ポツドール主催、三浦大輔第5作目の監督作品『何者』。

就活を舞台にしているので、就活青春ものかと決めつけそうに観始めたけど、この映画は老若男女誰もが抱えたことのあるだろう、他人の才能への嫉妬と羨望、やることなすことうまくいかない時の消え入りそうな自尊心、がぐつぐつ煮えたぎる様を現代空間の中に映し出した、ある意味美しい日本映画。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
新型コロナウィルスに伴う営業日程.


HPに告知している通り、ウィルスの感染状況、県の告知を判断して、KUSA.喫茶では、営業自粛を4/12(日)まで延長致します。

状況を判断し、随時、変更となることがございますので、ご来店の際はHPのNEWSページをご一読下されば幸いです。

4/7(火)、4/8(水)は、通常のファクトリーデーの形態で、KUSA.喫茶を開放致します。珈琲豆の販売のみになりますが(この期間はデザート、焼き菓子類の販売は見合わせます)、自粛期間のご自宅でのリフレッシュに是非、それぞれの趣き深い珈琲銘柄を選んでみて下さい。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




どちらも約1年ぶりの「ブラジル シーマ農園 ブルボン種 ウォッシュト精製」「タンザニア ブラックバーン農園 ブルボン種+ケント種 ウォッシュト精製」。
リクエストのお声も多かったので、テストローストもかなりこなしました。結果、それぞれフルシティーロースト(中深煎り)とフレンチロースト(深煎り)に焼き上げています。
「待望の」、と言っていい、甘い深煎りに仕上がっております。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



世情とは裏腹に、本当は、もう春は爛漫。
ご近所の桃源郷のような一画にも花が咲き誇ってる。
隣を歩く息子に話しかけながら、後方を歩く奥方を見やりながら、この一画に射し込む、トレーシングペーパーに透かしたような春の太陽の光を美しいと思う。
もう100年も前に、「美とは痙攣的なものだろう、さもなくば存在しない。」と アンドレブルトンが語った言葉をずっと脳に収めている。
店を作る時も、KUSA.の珈琲豆を魔術的と称する時も、頭にはそんな言葉がある。
人畜無害な、当たり障りのない造形物に、美はない。
春の風景が美しいのも、そんな風景に身体が溶けるように美を感じるのも、本来、自然は恐怖の対象であり、魔物のように畏れ多く、本質的には人間の敵でもあるのだという記憶が、原風景のように人間の無意識下に刻まれているからこそだ。


春は、爛漫。
コロナ、調子に乗り過ぎ。

明らかに調子に乗り過ぎてるから、
私達は感性と知恵で対抗する。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
前衛と祈り.



重量級、木工作家・遠藤マサヒロ氏とKUSA.喫茶とのコラボレーション作品。

ビンテージ加工『遠藤ミル』。
カリタ社の最高刃を使用。




19,800円(税込み)

ART ? and SHOP? - trackbacks(0)
珈琲豆のご予約について.

引き続き、来週まで営業自粛中です。




焙煎は連日稼働しております。
家内制手工業状態です。
こちらは、ほぼラストバッグに近くなってきた、「エチオピア ベンチネンカ集落もの ウォッシュト精製」。
素晴らしい焼き具合だと思います。


明日、4/2(水)も、珈琲豆のご予約のみ受け付け致します。メール下されば対応致します。
お引き渡し時間は14時から17時までです。


通販は、多数オーダー頂いており、少々お待ち頂きますが、通常稼働しておりますので、返信が遅くなってもご安心下さい。


どうぞ宜しくお願い致します。


KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
コロナウィルスに伴う4月の営業日程のお知らせ

国や県からの告知もあり、KUSA.喫茶では、当面、営業を自粛させて頂きます。
3/29(日)より4/5(日)まで、休業期間です。


通販は、通常通り稼働致します。
今月も最高のブティック珈琲が揃っております。ご自宅で各種、お愉しみ頂けましたら幸いです。







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー−

コロナウィルスは、中国から極東アジアへ、そして今や世界へ猛威を奮っています。
ウィルス自体の恐ろしさもありますが、世界経済への影響もリーマンショック以上の打撃をもたらすと思われます。
但し、こと房総エリアに限っては、卸し店舗様や近隣の店舗様とも密に情報交換をしておりましたが、個人店においては営業の悪影響はほとんどなく、団体の予約キャンセルなどを除けば、むしろどこの店舗さんも沢山のお客様で賑わっていた一か月でした。

しかし、国内や東京の感染者増を見る限り、個人的見解ではこのウィルスは小規模の感染爆発を既に終え、一般に浸透してしまっている段階なのではないかと考えています。

その上で、都心部を中心にしたこの自粛期間の役割は、感染防止というよりも、軽度感染者、無自覚感染者の自然治癒を期待できる期間と捉えたいと思っております。

世界がより良きフェイズへ移行出来るように祈っているし、努力したいです。

KUSA. 喫茶 - trackbacks(0)
| 1/205 | >>